金魚すくい

 今日は、蝉の声がよく聞こえる夏らしい1日だった。

 そして今日もプール。いつもはあおぞら、うみ、とりの順番で入ることになっている。順番になるまでは、室内で好きな遊びをして過ごしている。

 彩瑛「先生、金魚すくいやりに来て。」

 彩瑛ちゃんに招かれるままに製作コーナーに行ってみると、そこでは、実蒼ちゃん、弓乃ちゃん、彩瑛ちゃんによって金魚すくい屋さんが開店されていた。

 弓乃「金魚すくうときは網を使ってください。取れたらこれに入れてね。最後は全部返してね。」

 実蒼「金魚のエサもありますからね。食べると大きくなるよ。」

 彩瑛「ヨーヨーもありますよ〜。」

 お店に着くやいなや、遊び方を教えてくれた。

 感心したのは、金魚、網、すくった魚を入れる器まで、全て折り紙で手作りされているということ。折り紙とセロハンテープを駆使して、器用に立体的に作り上げられているのだった。

 さらに、金魚が入っている水槽と入れ物には、水色の折り紙で水が張られている。細かい部分にこだわりながら、自分たちの力だけで必要なものや遊び方などを考え、ここまで作り上げたことに、本当に感心した。

 そんな魅力的な遊びには、もちろん周りの子どもたちも興味を持って集まってくる。

 実蒼「一回でできるのは二人まででーす!終わったら次の人に代わってあげてください。」

 弓乃「次の人どうぞ〜。こうやってやるんですよ。」

 入れ替わり立ち替わり集まってくるお客さんたちに、忙しそうにしながらも、見事な連携。

 日和「日和ちゃんも作りたい。」

 実蒼「金魚?網?」

 日和「金魚!」

                                         実蒼「いいよ、教えてあげる。」

 日和ちゃんは、お家でも家族でやりたいと、実蒼ちゃんに金魚の作り方を教えてもらっていた。周りの子どもたちも、大いに刺激をもらっているようだ。

前の記事

プールの後は

次の記事

プール遊び