あおぐみゲーム大会

 今日は、あおぐみで3つのゲームをやってみようと提案をする。もちろん、外の日でも楽しめるようなゲーム…雨天も想定し、室内でもできるゲームを考えていた。

 部屋にはまだ椅子とテーブルがあるので、ゲームができる状態ではない。そこで、「ちょっとゲームができるようにしたい」と椅子などの移動を始めると、「これもだよね」と、とりさんたちがテーブルを一緒に運んでくれる。すぐに気付いて動いてくれる姿は本当に頼もしい。

 ひとつ目のゲームは「ダルマさんが転んだ」。

 念のためにルールを確認をしてから、初めの鬼は「先生でしょ。」ということでゲーム開始。広くはない室内なので、直線ではなく曲線を描くようにスタートする位置を決めた。

 動きを止める時には、みんな、何らかのポーズを取っているのが面白い。

 そして、鬼にタッチすると逃げるのだが、その先のルールが、保育者と子どもたちとでは違っていた。

 逃げた子どもたちに「ストップ」と声を掛け、鬼が何歩進んでいいのかを聞き、進んだ先にいた人にタッチをして次の鬼を決めるのだと思っていた。子どもたちのルールは、逃げ回るみんなを鬼が追いかけるというものであった。やはり、やってみないと分からない。

 そこで、2回目は子どもたちルールで始める。するとここで「誰が鬼をするのか」で論争になる。「じゃあ、じゃんけんだ!」と、鬼役の希望者が集まりじゃんけんが始まるが、人数が多いのでなかなか決まらない。「グーとパーだけにすれば?」「それじゃ、ふたつのチームに分ける時のやり方だよ」と、言葉を交わしながら、何とか鬼が決まる。

 ジャンケンに負けて鬼になれなかったことで、やる気をなくした子も何人かいた。それでも、何とか気持ちを切り替えて遊びに加わっていく姿にも成長を感じる。

 ふたつ目は「ひっくり返しゲーム」

 白チームと黒チームに分かれ、表が白、裏が黒のカードを自分のチームの色に返していくゲーム。

 そこで、各自自由にチームに分かれてもらった。子どもたち自身で、チームの分かれ方の意味を一度考えてみて欲しかったからである。みんなで14人ということだけは伝えてみた。

 すると自分の好きな色、好きな友だちがいるチームに分かれている。チームの人数は気にしていないようだった。「ちょっと少ないな」という声は上がっていたが、だからどうしようということもなく、1回戦が始まる。

 もちろん、人数が多いチームの勝利。2回戦も同じように自分の好きなチームになってもらうと、やはり、人数に偏りが出た。するとその様子を見て、人数の少ない方に移動したのは奏音くん。その姿を見て、「やっぱり、こっちにする!」と、一緒に移動する姿が出てくる。これで同数になるか…と思っていたら、「あ、やっぱりこっち。」「私も!」という子が出てきて、結局は偏りのあるままでスタートする。

 その結果、やはり人数が多い方が勝つのだが、なぜかそれに対して不平を訴える声は上がらない。自分たちで決めたことだからだろうか。今日はゲームの紹介に止め、その辺りのことは、また次の機会に考えていきたい。

 最後は「ボールカップイン」

 その名の通り、カップにボールを入れるゲーム。これも2チームに分かれ、たくさんボールを入れた方が勝ち。

 職場体験で来園している中学生のお兄さんも一緒ということで、お兄さんの側にいたいという姿があったり、ふたつのゲームで、考えて、動いて、大人数でということに少し疲れている様子も感じたので、あおぞら、とりのチームに分かれて行うことを保育者側から提案した。

 ゲームがスタートすると、チームからは「頑張れ!」と応援の声。今までとは違って、1人ずつで行うからからだろうが、少し緊張した面持ちでボールを投げる。入らないと「あ〜。惜しい」「あ〜。残念」という声も上がってくる。

 なかなかボールが入らないのが、また面白いようで、「もう一回!!」と3回戦まで行った。

 そして、今日のゲーム大会は終了。みんな「楽しかった〜!」と満足げ。一番人気は「ボールカップイン」。「またやりたいなぁ」と声が上がる。

 実は「やりたくない」という子も何人かいたが、それであるなら見ていて欲しいと伝えていた。みんなが楽しんでいる様子を見たり、ゲームのイメージが掴めると、きっとやりたくなると思ったからだが、案の定、途中から参加すると最後は「楽しかった」と笑顔であった。

 そして子どもたちに、「やってみると楽しいことってあるでしょ?だから、まずはやってみて欲しい」と伝える。また、保育者としては、あおぐみみんなで楽しみたいという思いもあったので、「ゲームに参加してくれて、嬉しかった」と声を掛ける。みんなで遊ぶと楽しいという経験を重ねていきたい。

 その後園庭に出ると、早速「だるまさんがころんだ」で遊ぶ子どもたちの姿があった。

 まずは、第一回あおぐみゲーム大会は終了。第二回へと続く。

 

前の記事

ついた!

次の記事

トンボのメガネ