きれいなのを選んでるの

 園庭で、何やら一人遊んでいた実蒼ちゃんが気になり、様子を見にいくと、やかんに椿の花と水を入れていた。

 「実蒼ちゃん。何を作っているの?」

 「これはね、お茶。あ、違った。魔法のジュースだった。」

 そこまで話すと、何かに気づいたように表情が硬くなった。もしかすると、「花を摘んでいたことを注意されてしまう」と思ったのかもしれない。そう考えた保育者が、「美味しそうなジュースだね。」と肯定的な感想を述べると、安心した様子で、ジュースの作り方の説明を始めた。

 「こういう花を集めて作るんだ。」

 説明を受けながら、保育者も手伝おうと、近くに落ちていた花をやかんに入れようとすると、「それはダメだよ。」と言われてしまった。その理由を尋ねると、

 「だって、その花はピンクがちょっと少ない。実蒼ちゃんはきれいなのを選んでるの。」

 「どうして?」

 「だって…それは…きれいな方が美味しそうに見えるでしょ。」

 そう答えてくれたが、私には、実蒼ちゃんが保育者に聞かれて初めて理由を考えたように感じた。きっと、何か理由があるというよりは、自分にとってきれいなもの、好ましいもの、美しいものを自然と集めたいと思ったのだろう。そうすることが心地よかったのだと思う。この感覚は、人間皆同じではなく、一人ひとり、異なった感覚を持っている。

 「じゃあ、これは?」

 「うーん。もう少しかな。」

 「じゃあ、これは?」

 「うん。それ、きれい!」

 こんなやり取りをしながら花を摘んでいくと、実蒼ちゃんの「きれい」の感覚が少し伝わってくる気がして、それを共有できる喜びに、気づけば園庭中の椿の花を摘んでしまった保育者だった。

前の記事

広がる興味

次の記事

関わりたい