カブトムシvs毒毛虫

 今日は、あおぞらの子どもたちと散歩に出かけることにした。行き先を話し合ったが、たくさんの候補が挙がったため、あみだくじで内裏谷戸公園で遊ぶことに決定した。

 遊具のある広場で遊んだ後は、山道を探検しながら、テニスコート側の広場に移動した。

 草花がたくさん咲いている広場には、バッタがたくさんいて、多くの子どもたちがしゃがみこんでバッタ探しに勤しんでいた。

 保育者も一緒にバッタを探していると、公園の隅で子どもたちが輪になって何かを覗き込んでいた。その視線の先には見たこともない毛虫が、子どもたちから逃げようと必死になって地を這っている。

 保育者「わ。なんだろうこの毛虫。初めて見た。」

 孝太「うん。初めて見た。ツノみたいなのが生えてる。」

 尚「毛だらけだしね。これ絶対毒持ってるよね。」

 子ども「持ってる持ってる。」「毒針だね、これは。」

 子ども「みんな!下がって下がって!」「近くに行ったら刺されるよ!」「危険だ!」

 ”毒”と聞いて、さっと毛虫から距離をとる子どもたち。すると、毛虫の近くにたまたまバッタが飛んできた。

 子ども「あ、バッタ!」「多分(毒毛虫と)戦いに来たんだ!」

 孝太「バッタと毒毛虫、戦わせよう!」

 日和「やめなよ、バッタ可哀想じゃん。」

 保育者「無理に戦わせるのはちょっと可哀想かもね。でも、本当に戦ったらどっちが強いんだろう?」

 光義「毛虫!毒持ってるし。」

 孝太「でもカブトムシだったら、カブトムシの方が強いよね。カブトムシってすごい力持ちだしさ。」

 子ども「あー確かに。」「カブトムシ強いよね〜。」「体も硬いしね。」

 保育者「でも毛虫には毒があるよ?」

 子ども「…。」

 柊介「毛虫の方が強いかも。毒だから死んじゃうし。」

 日和「でもやっぱりカブトムシの方が強いと思う。だって体硬いから、毒針が刺さんないよきっと。」

 たまたま見つけた毛虫から巻き起こったカブトムシvs毒毛虫論争。

 結論は、カブトムシ派と毒毛虫派で半分に割れた。1つにまとまることはなかったが、各々の考えを互いに交わし、子どもたちなりに答えを見つけようとする姿に、子どもたちの育ちとたくましさを感じた保育者だった。

前の記事

お誕生日おめでとう!