おんなじだ~!

 今日は、早番だった保育者。三史郎くんともりの部屋の入り口で話をしていると、「なんか、ペアルックみたいですね。」と道脇さんに声を掛けられました。トレーナーの色がたまたま同じだったからでしょう。

 また、うみの部屋で遊んでいると、畠山先生出勤してきてまたびっくり!同じような色のトレーナーでした。すると、子どもたちも「なんか、先生とさんちゃんの色似てるよね?」「先生と先生も似てるね。」と話し始め、「あ、雪ちゃんもじゃない?」ということになり、みんなで集まり似ているかを見てみることにしました。

 そこに光義くんも似ていると思ったようで仲間入り。「どう??」と確認すると、「似てる~!」となりました。

 そこで、朝にみんなで集まり、「仲間探し」をしてみました。

 ピンクチーム、グレーチーム、ブルー(ブラック)チームが大まかなグループに。弥生ちゃんだけが少しみんなと違うかな…となり、不安そうだったものの、「一人なんてレアだね。逆にすごい!」という話になりました。 

 園庭に出る前に、「もし何か同じ仲間がいたら教えてね。」と声を掛けました。

 尚くん「青い仲間みつけた!」
 女の子たち「ピンクの靴!!」
 柊介くん「勇樹くんのボールと縄跳び。あ、帽子も一緒か。あ、先生のジャンパーと勇樹くんのジャンパーも青だね。」

 と、次々にみつけてくれます。

 緑を見つける子どもたちも多く、砂場の道具の中からたくさんみつけてくれました。


 「あ、あの赤ちゃんも緑!!」と蓮師くんも仲間入り。砂場の道具がたくさん集まったので、「これでパーティーできるかもね。」と声を掛けると「いいね!料理作ろう!」と、それぞれが緑のものを使って、作り始めていました。

 ひとつのきっかけを作ることで、いつもの園庭遊びが少し違ってくるなぁと感じます。また、保育者の話を真面目に受け止めて一生懸命な子どもと、気にせずに自分の好きなことをみつけて遊ぶ子ども、それぞれで面白いなぁと感じる保育者でした。うみさんならではの姿ですよね。

前の記事

卒園式

次の記事

違う角度から