畑を耕すと・・・

 今日は久しぶりに半袖が心地よい陽気だった。

 かぜグループの畑も活躍し始める時期である。

 今日は子どもたちと、野菜を育てる準備をした。

 まずは雑草抜き。以前に植えた人参が、雑草に混ざって残っていることに気がついた。あっという間にミニミニ人参が集まった。

 雑草がなくなっていくと、土の部分が久しぶりに見えてきた。

 子どもたちは保育者の真似をして砂場用のスコップで土を掘り起こした。

 掘り起こしていくと、子どもたちの大好物なミミズや幼虫やダンゴムシが現れた。

 「幼虫いた!!」「こっちにもいた!!」とあちらこちらで声が聞こえてきた。

 虫が出てきたとなれば、虫かごを持ってきて土や草を入れて、観察する準備をする男の子。

 一方では抜いた人参の大きさを比べるようにきれいに並べる女の子。

  畑を耕すという目的だけでも様々な発見や遊びにつながり面白い。

 子どもたちと整えた畑で野菜を育てるのが楽しみだ。

 

次の記事

見る