重いのはどっち?

 朝の会で、給食の佐藤先生が絵本を読みに来てくれた。絵本の名前は、「わたし、ぜったいたべないからね」。この絵本に出てくるスープが、明日のおやつに出るからだ。

 絵本の読んだ後、佐藤先生から梅の収穫をお願いされた。今年は梅が豊作で、枝に驚くほどの量の梅がなっている。この梅を梅干しにして、お給食で提供する。

 保育者「今日は砂場裏の梅の実を、採るからね。」

 楷人「かいくん、知ってる!すごく大きくなってるよ。」 

 玲音「みんなで頑張ろう!」

 ビールケースやタイヤを運んで、みんなで採る。大きなものから少し小ぶりのものまで採れる採れる!「先生、まだあそこにある!高いから先生が採って!もっと右!」子どもの指示を聞きながら、必死に背伸びをする保育者のそばで、自分の帽子を拡げ梅をキャッチする子どもたち。見事な連携プレー!それでも梅は取りきれず、今日はここまで。

 給食の稲葉先生のもと、大きな梅と小さな梅に分ける作業に移る。すると、

 椛衣「先生、この実黄色くてブヨブヨ。でもね、桃みたいでいい匂い。」

 孝太「緑の梅はあんまり匂いがしないのにね。」

 稲葉「それはね、完熟してるんだよ。木の実が甘くなると、匂いも甘くていい匂いがするんだよ。」

 教えてもらって納得の表情を浮かべる子どもたち。

 大小に分けると、子どもたちから疑問の声が上がった。

 蓮己「どのくらいの重さかな。」

 詩織「うーんすごく重そうだよね。大きい実と小さい実と、重さ違うのかな?」

 孝太「どっちが重いのかな。」

 量の少ない大きい実、量の多い小さい実、さてどちらが重いのか。みんなで実際に計ってみると、結果は大きい実が6.7kgで小さい実が7.2kg。

 孝太「小さい実なのに、大きい実より重かったねー。」

 詩織「小さいのもいっぱいになると重いんだね。」

 ただただ収穫するだけでなく、感じたことに丁寧に応えていくこと、疑問に感じたことを一緒に考えてみること、確かめてみること、その大切さを感じた。 

 子どもの何気ない一言が、大切な学びに繋がっている。

前の記事

暗い場所

次の記事

難しいことが楽しい