避難訓練から

 今日は、地震から火事になるという想定の避難訓練があった。朝の会の時間に放送が流れると子どもたちも話を止め、耳を傾けている。

 「地震」という言葉を聞くと、すぐに頭に手を乗せ、ひとりが机の下に潜ると、みなそれに倣う。「頭を守る」ということが、よくわかっていると感心する。

 そして、「もりの保育室から出火」という放送が入ると、もりの部屋を避けて、今度は直接園庭へ。

 「もりの部屋から煙が出ているかもしれない」と伝えると、今度は頭ではなく口を抑える。「手よりも自分の服で抑える方がいいかも」という声に、自分の服を口元まで引っ張ったり、腕全体を口元に持ってきている。「煙を吸い込まないため」ということもちゃんとわかっている。

 しかし、これは訓練。友だちが近くにいることで、おしゃべりをしたり笑ったりと、やはり緊迫感は少ないのだが、その反対に、中には「早く逃げたい!」と涙を浮かべる子どももいて、この差にも本当に驚く。

 地震の多い日本。東日本大震災では、日頃の訓練の大切さ実感した。「こういう時にはこうする」というある程度の見通しがなければ落ち着いて行動することは難しい。
 そして、保育者にとっても、実際に子どもたちの動きを見ながら、「こういう場合はこの方が」と、具体的な行動を考える大切な機会となっている。

 さて、今回のような「第二避難場所(内裏谷戸公園)に避難」という園外訓練の後は、そのまま散歩に出かけるクラスが多い。

 「あ、にじさんだ!」「〇〇くんがいるということは、はなぐみだね。」など、いく先々で小さい子どもたちに行き合い、手を振ったり、声を掛けたりしながらの散歩になる。それもまた、訓練あっての散歩かなと思う保育者だった。

前の記事

3歳おめでとう!

次の記事

防災訓練の後で