氷の感触

 先週末に作っておいた大きな氷を、子どもたちの前に氷を置いてみる。すると、指先で触る、手のひらで叩く、口を近づける、そうした様子を観察する…それぞれのやり方で氷を感じていた。

前の記事

鳴り響く太鼓

次の記事

心を揺らすと