連携プレー

 映画撮影も終盤の大詰め。今日もまた、映画の撮影を続けた。

 一昨日のあおぐみキャンドルからインスピレーションを得た紗英ちゃんと玲音ちゃん。今日は自主的にあおぐみとしろぐみ、うみに招待状を作っていた。ホラー映画らしく、折り紙のおばけやコウモリで可愛く装飾し、チケットが入るポケットまでついており、二人で練り上げながら作っていったことが伝わってきた。

 今日は、撮影の合間に、ボスおばけ(吉村)の衣装を子どもたちに作ってもらった。

 楷人「ドラゴンっぽく怖くしよう!」

 誠「羽つけようよ!ギザギザの強そうなやつ」

 菜美栄「なっちゃん足の爪作るから!」

 孝太、蓮己「じゃあこうちゃんたちは手の爪作る」

 柊介、椛衣「ツノは椛衣たちがやるね。」

 保育者「マスクにも牙とか描いちゃおっか!」

 菜美栄「え!いいね!なっちゃん描くね!」

 ボスの登場は、子どもたちが楽しみにしているシーンの1つ。早速それぞれが担当する作業に取り掛かるのだった。ワクワクすればするほど、子どもたちは自然に、上手に連携していくものなのだなと感じる。

 そして、それぞれのアイディアが盛り込まれた、素敵なボスの衣装が出来上がった。この衣装を着て、子どもたちに負けないように張り切って演技したいと思う。

前の記事

望遠鏡

次の記事

遊びの展開