今日は特別

 せいび畑の夏野菜。トマトにきゅうり、ナスにピーマンと、今年もたくさん実をつけた。雑草を抜いたり、水やりをしたり、真っ赤なトマトを食べにきた鳥を「コラー!食べちゃダメだぞ!」と追い払ったり、皆で大切に育てている。

 昨日の夕方。

 A「先生!きゅうりとトマトができている!」

 保育者「本当だ!今が食べ頃だね。」

 しかし、今から食べる時間はない。月曜日も休日なので、このままにしておいたらきっと完熟してしまう。「どうしようか。」と、Aくんと相談して、思いついた。「明日(土曜日)食べればいい!!」と。

 今朝、登園してくるなり私のところにやってきた玲音くん。

 A「先生、野菜食べるんだよね?今日、食べるんだよね?」

 昨日から、楽しみにしていたことが伝わってきた。

 みんなで、きゅうりをこん棒でたたき、塩を振って揉む。トマトは一口大に切って、こちらも塩で。

 M「先生、お代わりある?」

 K「一人何個まで?」

 A「きゅうりもトマトもどっちも食べられる?」

 と質問攻め。それもそのはず、いつもなら、みんなの口に入るよう、きゅうりは薄ーく、トマトは小さな一口大に切って、それでも数が足りない場合は、「きゅうりかトマトどっちかにしてね。」「ごめんね、お代わりはないな。」など、存分には食べられないことがあるからだ。

 保育者「今日は、お友だちの人数が少ないから、たくさん食べられそうだよ。」

 子ども「やったー」

 A「今日は特別だね。」

 M「特別な日は、嬉しいね。」

 保育者「そうだね。たまにはね、そんな日があってもいいよね。」

 みんな満足そうな顔だった。

前の記事

鶏肉のフレーク焼き

次の記事

食べていいよ