ピザ作り

 今日はあかぐみのクッキング。まず、何を作るか決めた時、「畑のトマトを使いたい」というので、だったらスパゲティもいいねという思いつきが、やがて、ピザを生地から作ってみようということになっていった。

 トッピングは他にほうれん草とチーズ、ウインナー。具材もみんなで考えて決めた。

 まずは生地作り。強力粉と薄力粉を大きなボウルに入れて、みんなで感触を確かめる。「ふわふわ」「もっと触っていたい」となかなかボウルから手を離してくれない。

 次に塩、砂糖と一緒にドライイーストを入れ、その匂いを嗅いでみる。「くっさ!」「変な匂い!」とさっきとは打って変わって、誰も触ろうとはしなくなる。

 さらにオリーブオイルと水を加え、一気に混ぜてそれを大きなボウルでまとめたら、一人分づつに分けて、自分の分をこねていく。

 「ベタベタ〜」「手にくっつくよー」という声に、「そのままこねてたら、くっつかなくなるよ、頑張って!」と伝えると、みんな必死にコネ出した。手から離れる様になったら、丸めたまま少し休ませる。

 その間に、トッピングのトマトとウインナーを包丁で切る。コロコロ転がり、なかなか皮が切れないトマトに苦戦しながらも、たくさんあった具材を切り終えた。

 さて、ここからが楽しいのがピザ作り。寝かせておいた生地を丸く伸ばしていく。なかなか思う様な形にはならないが、「できた!」「ソース塗って!」と声が掛かる。

 ソースを塗ったら後は自由に具材を乗せまくる。あー、そんなに乗せて食べられるのかなと思ったけれど、自分の好きな具材を楽しそうにどんどんと乗せていく。後で誰のピザかがわかるように、クッキングシートに名前を書いた。

 最後にオーブンで焼く。生地がもちもちふわふわとパンのように膨らんだので、さらに大きくなっていた!子どもたちは「早く食べたい!」「美味しそう!」とお皿をはみ出したピザに大興奮。

 そして、思った以上にもりもりと食べている姿にびっくり。「美味しい!」「先生、見て!トマトがおばあさんになってる!」と声が掛かる。あ、ほんとだ。シワシワだね。

 お腹も満足。またピザ作り、やりたいね。

前の記事

地域と繋がる

次の記事

すっぱーい