二人の誠

 今日は、あかぐみ最初の活動の日だというのにあいにくの雨。天気が良ければお花見がてら散歩に出かけようと思っていたのだが、断念した。また天気のいい日に行こうと思う。

 今日は、髙瀬 誠君の慣れ保育初日だった。初日なので緊張しているかなと思ったが、案外余裕な表情。お父さんとお母さんともすんなり別れ、保育者と一緒に保育室内を探検した。

 吸盤人間の玩具で誠君と遊んでいると、清水 誠君が通りかかった。仲良し会の日から、「誠君は帰ったの?」と誠君を気にかけていたので、「まこちゃん、今日から誠君も一緒に遊べるよ。」と声を掛けると、嬉しそうに「おはよう!」と、挨拶をした。誠君もにこっと微笑み、「おはよ。」と少し照れながら挨拶を返した。これは仲良くなれるチャンスだと、年上の清水誠君に「お部屋の玩具の遊び方教えてあげてね。」と、託すと「うん!」と、早速遊び始めた二人。しばらく吸盤人間で遊んだ後は、カードゲームを清水誠君がルールを教えながら楽しんだり、大型ブロックで遊んだり、すっかり打ち解けて楽しそうに遊んでいた。他のあかぐみの子どもたちも、気にかけている様子だったが、話しかけるタイミングを伺っているようだった。これから楽しい時間を共にしていくうちに、自然と交流も広がっていくであろう。 

前の記事

そうだった!

次の記事

オニカサゴ