引っかき絵

 絵の具の様々な色を使い、色彩の美しさを体感しているが、クレヨンでもそれを感じられないかと、引っかき絵の準備をした。

 声を掛けると子どもたちが集まってきた。まずは様々な色を縦横無尽に塗り潰し、その上を黒で塗り潰していくことを実演しながら伝えた。

 年中児の中には、クレヨンを手にした途端、絵を描き始める子や、同じ場所に別の色を塗り重ねる子もいた。「白が見えなくなるように塗ると良いよ。」「たくさんの色を塗るとカラフルにできるよ。」などと、もう一度実演して見せると、保育者の真似をしながら下地の色を塗っていく。

 年長児は色をブロックごとに分けたり、虹のように弧を描きながら色を分けて塗っていた。「きれいに塗り分けてるね。」との声を聞き、同じように塗ってみようとする年中児もいた。年上の子を見て、知識や経験が豊かになっていく。改めて異年齢保育の良さを感じる。

 白い画用紙が色で埋め尽くされた子には、その上から黒を塗ることを伝えた。「えっ!?こうやって黒を塗るの?」と、せっかく塗った色を黒く塗り潰してしまうことに戸惑っている子もいたが、「大丈夫だよ、この後魔法のペン(割り箸をペンのように削ったもの)を使うとさっき塗った色が出てくるからね。」と話すと納得できたようだった。

 黒の塗り方にもコツがある。完全に塗り潰さなければ、魔法のペンで描いた時に描いた線がはっきりと見えない。この黒を塗りに苦戦する子が多かった。下地の色を塗る時は、配色を考える楽しさがあるようだが、黒一色で塗りつぶすことは、単調であることに加え、その範囲が広いこともあり、「先生手伝ってよー。」との声が上がる。ここで手伝うべきかは悩むところだが、この先の意欲まで削がれてはと手伝うことにした。その時に、「クレヨンを寝かせると塗り潰しやすいよ。」「力を入れると良いよ。」などと、そのコツなども交えて実演すると、「そうやってやれば良いのか!」と意欲を取り戻す子もいた。

 年長児同士のやりとりを見ていると「クレヨンをこうやって持つ塗りやすいよ。」「下の色をたくさん塗ると、スベスベするから黒を塗りやすくなるよ。」などと、子ども同士でも助け合っている様子があった。

 そして、いよいよクライマックス。黒く塗り潰したクレヨンの上を、魔法のペンを走らせる。黒い紙の上を、尖った割り箸でひっかいていくと下の絵が現れる。予想通り、「わぁー!書けたー!」と声が聞こえてきた。子どもたちは自分を描いたり、家族を描いたり、花火や太陽や草花など自由に描いていた。

 ほとんどの子が「もう一回やりたい♫」と伝えてきた。塗り潰す行程は少し大変だが、それ以上の面白さを感じていることに嬉しさを感じた。「見てみて、次はこうやって塗ったよ。」と、下地の色の配色を考えるのも楽しんでいるようだ。

前の記事

トンボ

次の記事

タイトルの相談