出会いはドキドキ

 今日からあかぐみに新しい仲間が加わる。その名もファン・コーイ君(4歳)。

 今日の朝、あかぐみの子どもたちに「今日からあかぐみに新しい仲間が増えるよ。」と伝えると、「あ!知ってる!引き出しに知らない子の写真が貼ってあったから気になってたんだ!」「カバン掛けのところにも貼ってあったよね。」と、すでにそのことに気づいていたようだった。子どもたちの観察力には、本当に感心してしまう。

 お母さんと手を繋ぎ、少し恥ずかしそうにしながら「おはようございます」と、保育者に挨拶をしてくれたコーイ君。園内を案内し、あかぐみメンバーとの初顔合わせでは、みんなの視線を浴びて緊張している様子だったが、賑やかな雰囲気に、少しずつ表情もほぐれていったのだった。

 ドキドキしていたのは実はコーイ君だけではない。

 保育者「コーイ君、もしかしたらドキドキしてるかもしれないね。」

 誠「僕たちだってドキドキしてるよ!」

 あかぐみの子どもたちも、ドキドキとワクワクで胸を膨らませながらコーイ君を待っていたのだ。

 コーイ君のために自己紹介をしようと決めていたのだが、いざ本人を目の前にすると、緊張してつい声が小さくなる姿もあった。

 迎える方も迎えられる方も、みんなが緊張というドキドキでいっぱいの顔合わせとなったが、

 楷人「今日お休みの人は、また今度紹介しよう!」

 玲音「一緒にゲームとかしたいけど、まだちょっとドキドキしちゃうかな。」

 と、そんなフレンドリーな雰囲気が、あかぐみのいいところ。

 新しい仲間を迎え、これからのあかぐみの毎日が、さらに楽しみになった子どもたちと保育者なのであった。

前の記事

はなぐみの秋

次の記事

我慢できない!