今日は何する?

 朝の会でゲームをやりたいという声が聞こえてきたので、子どもたちとどんなゲームがやろうかと考えた。

 それぞれ手をあげて自分のやりたいことを言葉にする。「だるまさんがころんだ」や「かくれんぼ」など、日頃から楽しんでいる遊びや知っている遊びが候補に上がっていったが、最終的に、フルーツバスケットと変顔大会に決まった。

 まずはフルーツバスケット。子どもたちと協力してテーブルを外へ運び出し、セッティングが完了した。実践をしながらルールを確認。

 始めは保育者が鬼役となり、慣れてきたころに子どもたちに鬼役を渡した。「お洋服に赤が入っている人」「木の色が入っている人」「車の絵が描いてある人」など、考えた文章をみんなに伝えていく。

 いつも「やりたくないから見てる。」という子はいるものだが、そうした時は、「じゃあ見ててね。」と伝えている。するとだんだんと要領が分かり、不安も消えていくことがほとんどだ。今回も、最後はみんなで楽しんだフルーツバスケット。

 そのあとは変顔大会。我こそはという子が披露する変顔を、みんなで審査をするのだが、果たして順位をつけるべきものなのかは悩むところ。こういったものは「みんな面白かったね。」でも良いのではないかとも思いながらも、大会が盛り上がることを期待して拍手の数で順位をつけることにした。

 変顔に挑戦したのは日和ちゃん、隼くん、一花ちゃん、陽ちゃん、光義くん、玲音くんだった。いつとの可愛らしい顔とは違うユニークな顔に笑いが起こった。

 朝の会を終えると、積み木のリクエストがあったので、はらっぱの部屋でカプラを広げた。「お家作ろうよ!」と言う声を拾い、「じゃあ先生が入れるくらい大きいお家作ってよ!」と返すと「いいね、いいね!」とお家作りが始まった。

 「何やってるのー?」と他クラス子も加わり、カプラの家はどんどんと高くなっていった。自然と自分の担当範囲が決まっていったり、積んでいく子のためにカプラを運んだり、入口に囲いを作ったり、それぞれ役割を見つけながら10人ほどの子どもたちで、夢中になって作り上げていった。

前の記事

トンボのメガネ

次の記事

体をいっぱい