”みんな”で散歩

ー散歩ー
 少人数で、久しぶりに散歩に出かけた。私はおひさまの頃の散歩を思い出していた。

 少し懐かしさを覚えながらも、どこか違う雰囲気のお散歩。メンバーが違うからか、季節が違うからか…その理由は、他にもあるような気がしていた。

 道中で葉っぱを拾って「葉っぱあったよ」と友だちに見せたり、見つけたカメムシを囲んでみんなで会話をしたり、なかなか追いつかない友だちを「おーい」と呼びに行ったり、拾ったものを「おみやげ」と言って大事に持ち帰り、園で待つ保育者に手渡したり。

 発見する喜びだけでなく、誰かとそれを共有したいという思いがずっと高まっているように感じた。”ひとりひとり”の散歩が、”みんな”の散歩になっている…そこに違いを感じたのかもしれない。

 これから秋がやってくる。散歩先で季節の変化を感じ、喜びや驚きや発見を、みんなで分かち合うのが楽しみだ。

ー園庭ー

前の記事

心地よいというルール

次の記事

園庭遊びとテラス遊び