新しい道具

 あかぐみは今、基本的には木の部屋(小)を拠点としている。子どもたちが遊べるように、昨日少し環境を整理し、製作コーナーや絵本コーナーなどを用意してみたので、今日の朝の会で子どもたちにも周知した。(保護者の方々も時間がある際にのぞいて見てほしい。)せっかくなので、もりの部屋にはない玩具や道具、素材などにも触れられるように、6Pチーズの空き箱やトイレットペーパーの芯、クラフトパンチなども常設してみた。

 今日は暖かいので散歩を予定していたのだが、新しい環境に興味津々の姿が多く、散歩を提案すると「やーだ!」のコールが巻き起こった。少数散歩に出たい子もいたので、あみだくじで決めることにし、今日はお部屋で遊ぶことに。

 早速人気だったのは製作コーナー。特にクラフトパンチが人気で、とにかく型を抜くことに没頭する子どもたちだった。型抜きをしばらく楽しむと、今度はそれをトイレットペーパーの芯に貼って飾り付け、望遠鏡を作ったり、空き箱に貼って宝物入れを作ったり、創造力を膨らませながら製作を楽しんでいた。今年度のあかぐみは、製作が好きな子が多いと前担任たちから聞いているので、様々な道具や素材を用意し、色々な使い方を提案しながら、さらに子どもたちの創造の世界を広げていきたいと思っている。