オーロラのテント

 今日も雨…。子どもたちも「もうずっと雨だって言ってたよ」と天気のことを気にしている様子。外の大きなテントで遊べると楽しみにしているのだが、そういう時に限ってこんな天気が続く。

 そこで、室内でも遊べる楽しいことを考えていた。いろいろと調べていくと、新聞紙でテントが作れるという情報を見つけた。試しに作ってみようと、密かに準備を進めていた保育者。

 そこに、「部屋でも基地みたいなのを作りたいんだけど。」という子どもが現れた。何というタイミング!どうやって作りたいのかなどを聞き取りながら、早速、製作に取り掛かる。

 カーテンみたいなものということで、素材をどうするかを話し合い、カラーポリ袋に決定。大きさはどうする?どうやって吊るす?など、いざ動き出すと迷うことばかりだが、その度に「こうすればいいかも」と案を出すと、「なるほど!いいね」と言って少しずつ前進。

 その姿を見て、また「何してるの?私もやりたい」という子どももやって来る。

 朝の会で基地とカーテンのことを紹介しながら、部屋の中にも基地が作れること、実は新聞紙のテントを作りたいという保育者の提案も伝えてみる。

 「いいじゃん」と賛成はしてくれるが、なぜか一緒に作ってくれる子どもは少なかった。でも、次第に形が出来上がっていくと、「すごいね!」「ここ持ってあげる?」など子どもたちが集まってくる。

 テントの骨組みが出来上がり、後はカラーポリ袋を付けるということになる。そうなると、子どもたちは「この色にする!」と切ったり貼ったりと忙しくなっていく。

 すると、「なんか。オーロラみたい!」という声が聞こえてきた。何といういい響き!青が少し透けて見えるのと、そこに紫が少し混ざって見えるからだろうか。その声に、周りで遊んでいた子どもたちも集まってくる。

 オーロラのテントをもうひとつ作りたいと、今度は新聞紙テントに取り掛かる。新聞紙を丸めてテープを貼るなど、子どもたちも作業に加わったおかげで、先ほどよりも早く完成した。

 ホワイトボードに絵を描くことを楽しんでいる姿があったので、テントにもマジックで模様を描くとさらに素敵になるのでは?と提案する。「ピンクで描いたのに紫に見える!」など、色の変化を楽しむ姿もあった。

 「オーロラ」には、「光」を当てると綺麗なのではと考え、ライトを持ってきて当てると「綺麗〜!!」と大絶賛!

 そこから、「このテントを繋げればもっと大きくなるんじゃない?」という意見が出た。それは、みんながこのテントに入るのには小さいということが理由らしい。

 テントをもっと広げるために、さらにオーロラテントを増産することで意見はまとまった。

 外でできなければ、室内でもできる!そんな柔軟性を大切にして、外でもダイナミックに遊べる日を楽しみにしたい。 

前の記事

おとなりへ

次の記事

絵の具とでこぼこ道