七五三メニュー

  少し早いが、今日の給食は七五三をお祝いする献立。お祝いの席で振る舞われるお赤飯を主食に。

  • お赤飯
  • ぶりの照り焼き
  • さつま芋のそぼろ煮
  • なめこと豆腐のみそ汁

おやつは、千歳飴をイメージした「チュロス」。初めて出すチュロスは子どもたちにも好評!

 

 3歳と7歳の女の子と5歳になった男の子が、神社などにお参りをして、健康に感謝しこれからの成長を願う儀式を行うのが「七五三」。始まりは、宮中や貴族、武士の家では3歳の時に「髪置」5歳の時に「袴着」7歳の時に「帯解」という子どもの通過儀礼が行われ、江戸時代末期ごろから11月15日にまとめて行われ、七五三の日になった。

 七五三の行事食で代表的なものが「千歳飴」。江戸時代に浅草の飴売りが「千年飴」「寿命糖」と名付けて売り歩いたのが始まりといわれ、縁起の良い紅白に彩られた飴が、鶴亀や松竹梅などのめでたい絵柄の袋に子どもの年の数だけ詰めると良いとされている。

前の記事

子どもたちなりに

次の記事

どんぐりの遊び方