鯉のぼり〜はじき絵〜

 朝から雨が降っており、子どもたちも「雨かぁ…。」と外で遊ぶことができないことが残念そうだった。それでも、室内で自分たちの好きなものを見つけて遊んでいる。雨でも外で遊べる方法があればいいのだろう。今度、何か子どもたちと相談して楽しむ方法を考えていこうと思う。

 今日は「はじき絵」を楽しんでもらおうと準備していた。実際に子どもたちに画用紙にクレヨンで模様を描いてから、絵の具で塗っていくと「すごーい!!」と興味津々。やってみたいという気持ちが高まった様子。やはり、言葉での説明だけではなく、実際にやってみせるということは大切だ。

 このはじき絵で園に飾る鯉のぼりにしようと提案。「いいね!」「持って帰れるの?」と、自分の作ったものをすぐに持ち帰りたいという子どもたち。「少しホールの飾ってから、持って帰るようにするね。」と伝えると「わかった!」とのこと。

 いつも思うのだが、「自分で作ったものを持って帰る」という気持ちが強い。これは、「自分のもの」という意識があること、「見せたい」という気持ちの表れなのだろう。きっと、お家の人に、いつも褒められているからこそなのだと思う。こういうことで、自己肯定感が高まっていくのだろう。

 それぞれが描き終え、片付けになる。自分で使ったものを綺麗にしようとしてくる姿がちらほらと。その中でも、海翔くんが「泡をつけて洗うと綺麗になるんだよね。」と手洗い用の泡をつけて洗い、その泡が黒くなったことを教えてくれた。

 それを見ていた雪ちゃん、三史郎くんも「泡つけよう。」と真似していた。そして、泡の色、流れた色水の変化なども面白いようで、片付けながらも楽しんでいる。片付けることを嫌がることが多いが、こうやって楽しみながら片付けることができるのは理想的だなと感じた。

 そして、最後まで綺麗に洗ってくれた3人。最後は「綺麗になった!」と嬉しそうな笑顔だった。

前の記事

好きなこと好きなもの

次の記事

ミックス