食べる!

 少しずつ自分で!という気持ちが芽生えてきている子どもたち。

 手で食材に触れ、感触を楽しんだり、手がベタッとなることに顔をしかめたり、それを口に運んでみたり。自分で食べることへの1歩を踏み出し始めている子どもたち。おおいに、たくさんの食材に触れてほしいと思う保育者であった。

前の記事

鯉のぼりと共に

次の記事

真似っこしたい!