新しい友だち

 今日からあおぐみに新しい友だちが仲間入り。中曾根 颯太くん。朝の会でみんなに紹介する。弓乃ちゃんが、「あ、私知ってたよ。だって、手拭きタオルのところに名前が描いてあったから、誰かなって思ってた。」とのこと。

 他にも、靴箱やロッカー、カバン掛けなど、名前を貼っていたことに気がついていた子どももいた。周りの変化によく気が付くなぁと感心する。

 4月にあかぐみ、しろぐみに新しい友だちが加わったが、あおぐみはいないという話題になり、「あおぐみさんには5月に新しい友だちが入る予定」ということを、さらっと伝えていたことを覚えているようだった。

 実は颯太くんは昨年、こども園体験で、みんなと一緒に遊んだことがある。その話をすると、「あ!知ってる!」「顔だけは覚えてる!」「ゲームしたよね?」など、思い出していた。

 それぞれ、自己紹介をしてもらい、颯太くんへの質問タイム。

 帆夏ちゃん 「好きなドーナツは何ですか?」

 最初にこの質問。颯太くんは少し戸惑ったようだが、「ポン・デ・リング」と教えてくれた。「あ〜、モチモチして美味しいよね!」と、他の子どもたちも賛同。

 「好きな動物は?」「好きな場所は?」などの質問に、緊張しながらも答えてくれる颯太くん。颯太くんの答えに「それいいよね。」と、共感している子どもたちの姿があった。その上で、「私は〇〇が好きなんだ。」と、話を続けている。その雰囲気に、颯太くんも笑顔になっていた。共感することの大切さを改めて感じる場面だった。

 その後も、園内にどんな場所があるのかを、みんなで紹介していく。「ここは畑だよ。」「もりの部屋」「はらっぱは、9Dとかボールで遊ぶ場所だよ。」「お茶は自分でコップを持ってきて飲むよ。」など、自分なりに説明している子どもたち。こうして、新しい仲間が増えたことを実感していくのかなと思う。

 次は、楽しいことを一緒に共有できる時間を作っていこうと思う。

前の記事

私…読めるよ

次の記事

休み明けの園で