子どもたちが新しいものと出会ったとき、それを試す手段の一つが口である。“目は口ほどにものを言う”というが、おひさまの子どもたちの場合は、“口は手ほどにものを試す”となるのだろうかなどと考えながら子どもたちの姿を見守る保育者であった。

<本日のメニュー>

前の記事

自分で

次の記事

自分のタイミングで