上から見える景色

 今日は、クラスではなく、あおぞらで集まり散歩に出かけた。行き先は、九丹浦公園。この公園には、大きな滑り台やアスレチックなど、魅力的な遊具があるので子どもたちに人気だ。

 公園に着くと早速お気に入りの遊具で遊び始める子どもたち。アスレチックは、少し難易度が高く、身体と頭をうまく使わないと簡単にはゴールできないのだが、だからこそ子どもたちの挑戦心をくすぐるようで、人気があるのだ。

 一番難易度が高いポイントでは、特に足を掛ける位置、手を置く位置、体の向きなどを上手に変えながら登らなくては、頂上の部分までたどり着けないのだが、だいたいの子はここで苦戦する。結構な高さもあり「怖いぃ〜」と、足を止める姿も多いのだが、不思議なことに「やめる?」と聞いても「やめない」と、挑戦を続ける子がほとんどなのだ。

 保育者がアドバイスをしたり、少し身体を支えながら、頂上まで登りきると「できた!」「たかぁ〜い!」と、頂上からの景色に感動している姿から、苦戦した分、そこから見える景色は、とても綺麗だったのだろうなと感じた。

  そして一度登り切ってコツを掴むと自信をつけ、「もう一回!」と、再挑戦する姿も見られ、たくましさを感じた保育者だった。

前の記事

保育者と

次の記事

同じ世界で生きている