ボールを使ったゲーム遊び

 今日は何をして遊ぼうかと、子どもたちと相談をした。多数決で園庭遊びとになったが、当然不満の声は上がる。「公園に行きたかった!」「お部屋で遊びたい・・」

 子どもと相談しながら決めるという事は、全員が納得できる結果になる事はない。必ず不満が残る子はおり、それを言葉にする子、内に秘める子と様々だろうが、それでも決まった事に仕方なく従ったり、諦めたりしている。このような場面で必ずしも自分の思いが通るわけではないということも経験していく。

 畑に行ったり、水遊びをしたりと好きな遊びに向かっていくのを見守りながら、悠翔くんが以前から、室内で爆弾ボールゲームがやりたいと言っていたことを思い出した。

 室内では、なかなかそれを実現してあげられなかったので、ここぞとばかり悠翔くんを誘って、園庭で爆弾ボールゲームをやってみる事にした。ボールを持っている保育者を見ると、何が始まるのかと、集まってくる数人の子どもたち。悠翔くんに確認する形を取りながら、他の子たちともルールを共有をした。

 円の中にいる人に、鬼役が外からボールを当てるというシンプルなルールなのだが、鬼役をやりたい子どもは、あえてボールに当たりにいく。逃げ回らずに、鬼の近くでボールを当てられるのを待つというのは、ゲーム本来のドキドキ感もなく、これでは盛り上がらないなと感じた保育者は、「逃げてる人の方に、ボールを当てたくなるな。」とつぶやいてみた。

 すると、少しずつ子どもたちの動きが変わり、鬼から一番離れた場所に移動するようになってきた。そうなると、ボールを当てることが難しくなり、「チクショー!今度こそ!」と盛り上がりを見せていくにつれ、その様子に惹かれて「入れて!」とやってくる子が増えてきた。

 尚くんが鬼になった時には、「逃げてる人に当てようかなぁ。」と保育者の言葉を真似ていた。保育者の言葉の意図を理解して、自分の言葉のように使いこなしている姿にも驚いた。

 自分からボールに当たりに行く子はなくなり、飛んできたボールを目で追い、当たらないように俊敏に避けるようになっていた。

 これならあれも楽しめるのではと、円の中心に線を引き、ドッヂボールコートを作ってみた。ドッヂボールの方が、コートの端に避けボールが当たらないように意識している姿が見られた。

 すると、自分たちが親しんでいるドッチボールを見つけ、歳上のとりの女の子たちも、集まってきて、どんどんと盛り上がっていった。

 これからは、あおぞらもとりも、クラスのみんなで、ボールを使ったゲームが楽しんでいけそう。

前の記事

秘密基地

次の記事

面白いこと、みぃつけた!