待ちかねたおにぎりの日

 子どもたちが楽しみにしていたおにぎりの日がやってきた。よほど楽しみなのだろう、朝から「わかめおにぎりが入ってるんだ。」「おかかが入ってる。」「梅干し入れた!」とおにぎりの説明が止まらない。

 朝の会のあと、赤石公園へ散歩に行ったが、他園の先客がいたの、急遽パンダ公園へ行き先が変えたが、おにぎりで心が大きくなっている子どもたちは、そんな小さなことなど気にしない。帰り道も、おにぎりを楽しみに、暑い中よく歩いていた。こども園に着くと、少しへばっていた子も一気に元気を取り戻し、「おにぎりは?おにぎりは?」と駆け出していく。

 せいびがこども園になるずっと前、「おにぎりの日」ではなく「遠足」と称していた頃は、いわゆる「お弁当」を持って出かけていた。それが「おにぎり」に変わった時には、保護者はもちろん、保育者の中からも「おにぎりだけなんて可愛そうではないか。」と声も上がった。しかし、おにぎりに限定することで保護者の負担を減らしつつ、園外へ出かける回数を増やし、パクッと食べられることで、現地で遊べる時間をもっと広げたい…こうして「おにぎりの日」が誕生した。
 「先生!見て見て!」「ポケモンのおにぎりなんだよ。」「うわーウィンナーが入ってる!」「これは何味かな?」 子どもたちの期待感や驚き、興奮は「お弁当」だった頃と何ら変わりはしない。

 そう言えば、コロナが流行り始めた頃、公園には看板が立ち、集団で集まることや飲食の自粛が呼びかけられた。そこで、園庭でおにぎりを食べる案が出た時も「公園で食べるから良いのであって、園庭ならおにぎりの意味はあるのか」という議論もあったが、今日の子どもたちを見ていると、それも公園で食べていた時と変わりはない。きっと子どもたちが楽しみにしているのは、非日常の体験と、家族が自分のためだけに作ってくれたオンリーワンのおにぎり…そんな特別感なのだろう。

 子どもが感じる楽しみの本質を見誤ると、その楽しみの幅を狭めてしまうこともある…そう思いながらキンパおにぎりをほうばる保育者だった。

 ちなみに、朝の時点で人気だったおにぎりの具ランキングはこちら。過去にはアンコを中に入れる強者や、3色おにぎりなどがあった。次回は何が入っているのか、今から楽しみにしている子どもと保育者だ。

前の記事

難しくて楽しい

次の記事

風物詩