それぞれが水と

 園庭を見渡すと、水道前では、流れる水に手をかざす子、何かを流す子、タライで水しぶきを上げる子がいる。アトリエ前では、絵の具で色水を作る子がいる。砂場では、バケツの水に砂を入れる子、砂と水で泥を作る子、そしてそこに足を入れ感触を味わう子がいる。

 場所や形は違えど、今日も子どもたちは、”水”と触れ合っていた。

前の記事

初めての「おにぎり」

次の記事

手近なもので