製作コーナーに森を作った際、子どもたちから「もっといろいろな世界を作りたい!」と声があがっていた。

 その中に、「海」という案もあった。「お昼寝をしながら海を見れたら楽しいと思う!」という意見から、午睡スペースに大きな海を作ることになった。

 壁に模造紙を貼ると、子どもたちは興味津々で、その話を知らなかった子たちも「何をするの?」と、これから楽しそうなことが起こりそうとワクワクした様子。「ここを海にしたらいいねって言っていたんだよ。」と伝えると、「一緒にやりたい!」と意欲的だった。

 先日、絵の具で海の色を塗った。色は「青と水色がいい。」という意見が多かったが、保育者が、「緑や紫を混ぜたらどうなるかな?」と提案すると、「緑は嫌だけど、紫なら混ぜてもいいよ。」ということになり、ブレンドしながら色を作っていった。

 海の着色は次々と参加希望者が現れ、下に垂れて流れる絵の具と競争するように塗り広げた。縦に貼った紙を塗っていると、まるで海の中に潜っているような感覚を感じたのは、保育者だけではなかっただろう。

 今日は、海の前に画用紙や折り紙、ペン、ハサミ、のりなどを用意し、それぞれが思い描いた「海の生き物」を作って貼っていった。イメージしやすいように、いくつか図鑑も用意しておくと、「貝殻を作りたい!」「ヒトデを作ろうかな。」「ジンベイザメにする。」などなど、作るものが決まったようだった。

 中には、なかなか決まらなかったり、どう作ればよいか迷う姿もあった。保育者が、「じゃあ、先生はタコを作ってみようかな?」と言って形を作ると、「目は描ける。」「足の丸も描いておくね。」と、イメージが湧くところからやってみようという思いを感じた。また、保育者が島を作り、そこに「人を乗せようかなー。」とつぶやいていると。「人を作ったから島に乗せて!」と持ってきてくれる子がいた。ちょっとした手がかりやきっかけがあると、子どもたちのイメージが膨らんだり、意欲も湧くものだなと感じた。

 作っているうちに、「竜宮城があってもいいんじゃない?」「乙姫様もいたらいいよ。」という意見も出た。このファンタジーの世界こそ、幼児期に大切にしたい想像と創造の世界。そうしたアイデアを取り入れながら、楽しんでいく姿を大切にしたいと感じた。

 初めのうちは興味がなくても、ある程度、海の生き物が貼られると、「面白そう!」と興味を持ち、後から参加をする子も多くいた。参加のきっかけやタイミングも十人十色。一人一人の思いやタイミングを大切にできたらと思う。

 気がつけば、あっという間に給食の時間。入室した子どもたちも「何これ?」と興味を持っていた。作っていた子たちは、説明したり、飛び跳ねたり。

 海作りは、まだまだ続きそうだ。

次の記事

はさみの色が