きゅうりの味は

 園で育てているきゅうりの水やりは、朝の日課。日に日に大きくなるきゅうりを見て、「きゅうり大きくなってた!」と保育者に伝える子もいる。

 そして、遂に収穫の日。散歩から早く帰ったグループが、きゅうりの収穫をすることにした。

 散歩中、「こども園に帰ったら、きゅうりを摂ろう」と伝えると、「やる〜!」と足取りを速める子どもたち。帰ってくると、直ぐにきゅうりへと向かった。

 「どのキュウリが採れそう?」と尋ねてみると、「これー!」「これが大きい!」と言いながら、1番大きいきゅうりを指差した。「じゃあ、これを採ろうか。先生がハサミで切るね。」と伝えると、きゅうりを支えてくれる子どもたち。

 収穫すると、「持ちたい!」「〇〇も!」ときゅうりを持ちたくて仕方ない様子。順番に回し、そこにいた全員がきゅうりを持つと、「ちょっと重い。」「重くないよ〜!」と声を上げた。

 給食中、三角巾とエプロンを身につけた保育者が、子どもたちの前できゅうりを切り始めた。すると、食事の手を止めてその様子に釘付けの子どもたち。

 きゅうりが切り終わり、「そのまま食べたい人〜!お塩をつけて食べる人〜!」と尋ねると、直ぐに「そのまま!」という声が上がった。採れたて、切りたてのきゅうり。1枚手渡されると、一口で口に入れ「うまい!」と一言。その様子を見て、「そのまま食べたい!」「〇〇も〜!」と、どんどん声が上がる。

 普段は野菜を「小さくして。」「これやだ。」と言っている子が、「小さいのがいい?大きいのがいい?」と尋ねられ、「大きいの!」と答えた。

 また、野菜が苦手な子どもも、お皿に乗せられたきゅうりを手に取って、ぺろっと舐めてみた。「どう?美味しい?」と尋ねられると、ニヤニヤ〜と笑ってもう一度ぺろっ。

 自分が水やりをしたきゅうり。戸外に出る時、いつも見ていたきゅうり。どんどん大きくなったきゅうり。自分で収穫したきゅうり。目の前で調理されていたきゅうり。

 それぞれ思いは違えど、きゅうりに対して何らかの思い入れがあるのだろう。

 きゅうり以外にも、いくつかの夏野菜を育てている。また、枝豆の鞘取りや玉ねぎの皮剥き、じゃがいも洗い等、給食さんのお手伝いをすることもある。

 楽しく食材に触れる機会を設けることで、まずは食材に興味を持って欲しい。そして、今日のように「ちょっと匂いを嗅いでみよう。」「ちょっと舐めてみよう。」「ちょっと食べてみよう。」と食への興味が湧くことを期待している。

 日中は、園周辺を散歩した子どもたちは、ヘビイチゴを見つけたり、 陽だまり公園でブランコに乗って遊んだ。大田切池へ向かった子どもたちは、穴の空いた葉っぱ探しをしたり、斜面登りをして体を動かした。園庭で遊んだ子どもたちは、花を摘んだり、ボール遊びをしたり、走ることを楽しんだ。