おはしのはなし

 うみぐみでは、ほとんどスプーンとフォークを使って、給食を食べているが、食事中に「家でお箸を使ってるよ」と教えてくれる子どもが数人いた。少しずつお箸に触れる機会を増やしていこうと、うみぐみに「おはしのはなし」をした。

 初めてのおはしのはなしは、少人数のチームに分かれて短時間で行った。あるチームでは自己紹介が始まったり、先日行ったクッキングの記憶から「今日は綺麗なゼリー作らないの?」との声も。そんな会話が弾む中、おはしのはなしと、お箸を使った遊びが始まった。

 まずは、バンバン持ちから。バンバンの手からお箸をスッと1本差し込んで…と話すと、子どもたちはその様子を見つめていた。見よう見まねで子どもたちもお箸を持ち、さらにもう1本増やす。2本目のお箸は、中指の下に差し込む。

 園では初めてお箸に触れる今、正しい持ち方よりも、触れ、慣れることを大切にした。最後は、お箸でモールを挟むという遊びをしてみると、子どもたちは、それを食べる真似までしていた。

お箸の持ち方の練習中、口々に「お腹すいたなあ」「早く食べたいなあ」と言っていた。今日はカレーだったが、スプーンとおはしをトレーに乗せ、スープのカブを箸で挟み、食べている様子を見ることができた。今後もお箸に触れる機会を設けていき、箸で挟んで食べたくなるような、給食やおやつを提供していきたいと思う。

前の記事

10m?

次の記事

これ何だろう?