自分の生きた一瞬の姿が 誰かに切り取られ
そっと どこかに刻まれていく
それは この世に我が身が位置づいた そんな瞬間にはならないだろうか

君を見ていた人がいる

保育の記録が もしその証となるのであれば
ただそれだけで 意味深いものなのではないだろうか

そこに描かれるのは

保育者の省察であり
保育のプロセスであり
次なる活動の構想であり
その日の日誌であり
クラスからの便りであり

保育の意味である

それは 今を書きながら
子どもの 保育者の 保育活動の
明日を描いていく 行為なのである