「中の日」の歩き方New!!

 「コマ台の枠が外れてしまって…。」  夕刻、保育者から声がかかる。コマ台とは、柔らかな土の上でもコマが回せるよう、プラスチックのパネルに木枠を取り付けた板台。園舎の修繕か何かで出た廃材を使って私が作ったものなのだが、そ […]

カテゴリー
ヒゲノート
「やりたくない」の向こう側

 子どもたちは本来、やりたがりで見せたがり。ただそれは、まだまだ身近な人たちとの安心感の中で、時に一緒にパフォーマンスなどすることで、それが周囲に共感されていることを実感する。  そして来月、それを親子で楽しむ「中の日」 […]

カテゴリー
ヒゲノート
綺麗になるため

 年末が近づくにつれ、園内のそこかしこで大掃除に勤しむ姿が、保育日誌のなかでいくつも拾われていく。  自分の靴箱とコート掛けを掃除する3歳児。その奥からは、どんぐり、葉っぱ、石ころといった「宝物」がどんどんと顔を出す。「 […]

カテゴリー
ヒゲノート
友だちじゃない人

 お散歩先でもある小山内裏公園を、なぜか他園の保育者仲間たちと散策するという機会に出くわした。それは、様々な巡り合わせが重なった、その末の出来事だったのだが。  その仲間の一人は、少し離れた他市の園の保育者。彼がクラスの […]

カテゴリー
ヒゲノート
海苔とお米の物語

 園庭の冬の芝生の種まきを終え、しばしの養生期間。こうして、また冬へと季節が移ろいでいく。 そして、この気持ちの良い秋の空気に乗って、あれしよう、これしてみようと、遊びへの少し貪欲な思いのようなものが、園内に広がっていく […]

カテゴリー
ヒゲノート
営みは境を越えて

 その日は、珍しくのんびりとした帰路であった。たいていの旅は、あれこれと立ち寄る場所を詰め込んでしまうか、渋滞を避けたくて、また今度寄ればいいと決め込んで、ただただ家路を急いでしまう。そして、その前を通るたびに少し心惹か […]

カテゴリー
ヒゲノート
育てるのでなく

 ふた月ほど前のことだったろうか、知り合いの園長から唐突にこう聞かれた。  「自己肯定感って、どうすれば育つと思う?」  何とも漠然とした彼らしい問いかけだなと思いながら、聞けば、子どもに関するある月刊誌の次号の特集が「 […]

カテゴリー
ヒゲノート
睡蓮鉢、覗けば

 室内遊びが充実するのは、梅雨のいっとき、そして底冷えの続く真冬の季節…今はそこへ「盛夏の頃」が加わった。  プール遊びや水遊びは実は一日の一時、毎日の保育日誌には、屋根の下で繰り広げられる多様な営みの様子が、あれこれと […]

カテゴリー
ヒゲノート
それがせいび流 〜 行事を考える

 新型コロナウィルスの分類も5類へと移行し、社会もそして園内も「かつて」への戻り方を模索しています。この機会に、コロナ禍で制限を受けていた園内の行事の持ち方について、あらためてお話しさせていただこうかと思います。  ここ […]

カテゴリー
ヒゲノート
時をかける

 直径5〜6メートルほどの範囲の中に、点々と佇む男たち。余計な言葉を交わすことなく、てんでんばらばらな方向に視線を泳がせながら、少し緊張した面持ちで事の始まりを待っている。  コロナ禍を経て3年越しの親父の会。久方ぶりに […]

カテゴリー
ヒゲノート